« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月26日

まちづくり委員会で武蔵小杉開発を視察

1月25日
まちづくり委員会で大きく変貌中の武蔵小杉周辺再開発の視察に行ってまいりました。
大きく変貌を遂げるまち、武蔵小杉
今回は現在建設中の高層マンションの53階の部屋からまち全体を視察
大きな窓からは富士山ものぞめる圧巻のビューに委員一同から感嘆の声も。
視察させていただいた建物も含め、高層の建物が何棟も軒をつらねることになる武蔵小杉
横須賀線新駅整備をはじめとした建設も急ピッチでおこなわれております。
武蔵小杉高層マンション.jpg

その後は、日本でも初めてというジネスホテルと消防署との複合施設となる中原消防署の新築工事現場を視察しました。5階までが消防署、6階以上がビジネスホテルになります。
ビジネスホテルの建築中の部屋も見せていただきました。一泊14000円程度の料金設定ということですが、かなり高級感のある部屋になっていました。(運営主体は民間の事業者です)
この試み、どのような結果となるか、ホテルエルシー閉館でホテルの需要がますます増してきた小杉地域、今後の推移を見守っていきたいと思います。
新築中の中原消防署.jpg

しかし、まちの中にまちが、それも巨大なまちができることになる武蔵小杉。
当然多くの新住民の方々が、新しく川崎市民としてここにやってくるわけであります。
今回市川が特に注目しているのが、自治会とも違う、NPO法人でまちをマネジメントするという、「NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント」の活動です。
すでに発足し、活動を始めているこのNPO法人、これからの新たなまちづくりの一つの形をつくっていくかもしれない、組織、活動であります。
この件に関しては、また改めて詳しく皆様にご紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!!

2008年1月24日

幸こだま会 成田山詣

佐藤忠次先生が毎年恒例として行っておりました
成田山詣を、同僚の山田議員と合同で開催致しました。

当日は夜から雪が降るとの予報が出ていたので心配していましたが
快晴に恵まれほっと一安心。

朝8時に幸区区役所の駐車場を出発し、柴又帝釈天へ。
9時には着いてしまったので、まだ閉まっている店もありました。

約1時間ほど自由時間の後、成田山へ向かいました。
昨年市川は参加出来なかったため、成田山は初めてだったのですが広いです!
道に迷ってしまうほどです。
大変大勢の人がお参りに来ておりまして表参道は人でごったがえしておりました。

最後に浅草の浅草寺でもお参り。
こちらも大勢の方がお参りされてました。仲見世通りにおいては、進まないのではないか?
というくらい道いっぱい人・人・人で埋め尽くされていました。

当初予定は18時に幸区役所着だったのですが、1時間早くに到着しました。
もう少しどこかでゆっくり時間を取っても良かったかも・・・と次回の反省点も
早速でてしまいましたが、皆様から「楽しかった」「また行こう!」など喜びの
声を聞かせて頂き、来年はもっと良いバス旅行にしようと心に誓った市川でした!

ご参加頂きました皆様、お疲れ様でした。皆様の元気を分けて頂きましたので
今年も1年がんばります!よろしくお願いします!

2008年1月14日

川崎市「成人の日を祝うつどい」

1月14日
とどろきアリーナで行われた、平成20年度川崎市「成人の日を祝う集い」に出席してきました。
午前の部は幸・中原・高津の3区の成人の方が対象。
アリーナ前に早めに到着すると、晴れ着姿で待ち合わせている新成人の方がいっぱいです。

成人式1.jpg


今年川崎市で成人式を迎えられる方の数は、13120人
幸区は全市で一番少なく、1314人です。


成人式の式典というと、全国各地で毎年「暴走した」一部の方が壇上に上ったり、騒いだりする映像がテレビで流れます。我が川崎市はどうだろう?とちょっとドキドキしながら、議員として初めての式典に参加しました。
式典は、一部の方から市長の挨拶や来賓紹介の際に、ちょっと「元気」な「合いの手」が入った程度で、心配するような事態もなく、粛々と進みました。
市川も、市議会議員として初めて壇上で紹介を受けました。


成人式2.jpg
《壇上から会場を撮影》

成人すると、何ができるか

お酒が飲める
タバコが吸える

そして、一番大切なこと 選挙にいけること

この式典の主催は、川崎市・川崎市教育委員会、そして川崎市選挙管理委員会であります。
今日成人を迎えた方々が選挙へ行きたいと思わせるような、政治家を目指すこと!
心に誓った市川です。


24年前、市川が成人式のときは、確か教育文化会館で式典は行われていました。
終わったあと、晴れ着姿で同級生たちと六本木に繰り出したことも、懐かしい思い出です。
(着物姿でディスコ(古いですね~)で踊った、そんなやんちゃな時代が市川にもありました)
あのときの自分はどうだったか
いろいろなことが脳裏によみがえる、そんな式典でありました。


今回成人された方は、1987年~1988年生まれです
市川が社会人2年生のころになりますね。
新しい成人の方々、本当におめでとうございました!
みんなで希望に満ちた明るい社会をつくりましょう!!

2008年1月10日

12月議会一般質問報告~公共交通のありかたとは?

12月に行いました一般質問について、その内容を報告いたします。

12月17日  一般質問2日目
以下の3点について質問を行いました。

1、川崎市における幼児教育と助成制度について
2、新川崎地区公園・広場等整備について
3、路線バスと高齢者の移動手段の確保について

○川崎市における幼児教育と助成制度について

まず冒頭で、川崎市立小学校の就学幼児の調査から、幼稚園児の割合を伺ったところ、実に74%とのこと。就学前幼児の大部分を占める幼稚園児に対しての助成について質問しました。
本来ならば、保育料の補助について質問したかったのですが、継続審査中の請願にこの保育料補助についてのものがあったので、今回は私立幼稚園の事業に対する助成についての質問になりました。
(市議会では、請願が出ている案件については質問できないという「きまり」があります。
質問する身としては、これは非常に「足かせ」になってしまう場合が多く、特に子育てなどは請願が多いので、一般質問では取り上げられないことも多いのです。正直言って、ちょっと首をかしげる「きまり」です。)
川崎市の新実行計画素案(2008年度から3年間の各施策の実行計画)では、この私立幼稚園について、特に障害児受け入れと預かり保育の充実をはかるよう補助体系を再構築すると記載されております。その再構築の内容を伺いました。
2009年度には市立幼稚園がすべて廃園になります。その後本市の幼児教育は私立幼稚園が一手に担うことになるわけであります。最近は発達障害児も増加傾向にあり、障害のあるお子さんを他の幼児とともに保育する「統合保育」に取り組まれる私立幼稚園も徐々に増えてまいりましたが、それに伴う施設整備や人員増による負担も大きいと伺っています。また、生活の多様化により、預かり保育を希望する保護者の方も増加しています。
時代のニーズに対応するべく、川崎市でもこうした事業に取り組む私立幼稚園が1園でも増えるような助成を補助体系の再構築の中で検討していくとの回答をいただきました。

市川は自身、かつて私立幼稚園に娘を通わせた一人の母でもありました。その立場から、幼児教育と幼稚園およびそこに通っているお子さんや保護者への支援についての見解を、阿部市長に伺いました。
子育て支援というと、どうしても保育園問題、すなわち親の就労支援の方に話題が偏りがちですが、数字を見ても幼稚園に通っている幼児が全体4分の3を占めています。市長からは、「幼児期の教育は生涯にわたる人間形成の基礎を培う重要なもの。市としても、子育て環境を整備することは幼稚園教育を望む保護者にとっても大切であると考えておりますので、今後とも効果的な支援を行い、幼児教育の推進に努めてまいりたい」との答弁がありました。

○新川崎地区公園・広場等整備について

 幸区は市内で最も公園が少ない地域で、現在少年野球やグランドゴルフの大会などに暫定利用されている旧操車場跡地は住民にとって大変貴重なものであります。
 これからはじまる公園・広場整備にあたり、地域からの要望や防災上の観点から運動広場の継続設置を求めたところ、現在の形を継続し、「設置を前提に」検討をするという回答をいただきました。具体的には地元住民らで構成されるワークショップ形式で検討されることになります。市では4月から同地内に道路新設の工事を進めてまいりますが、現在利用している広場についても着工まで利用できるよう調整を図るとのことです。
整備とともに、現在暫定的に利用している広場がなくなるのではとご心配されていた住民の皆さんも多かったのですが、今回の答弁でその確保が約束されました。それでも、まだ他の区に比べ、こうしたスポーツができるスペースの少ない幸区です。今後も皆様の要望にこたえるべく、公園・広場増設に向け積極的に市へはたらきかけてまいります。

○公共交通と高齢者問題について

民主党川崎市議団の「かわさきマニュフェスト」でも重要政策のひとつとして取り上げているように、高齢化が進む中、外出時の移動の足の確保は、介護予防の観点からも重要性が増しています。高齢化の進む将来を見据えて、交通体系の整備やまちづくり施策が必要となっています。
そこで、「高齢者の移動支援」の観点から、現行の西口行きバスの東口乗り入れ、および川崎市立病院をはじめとする公共施設循環バスの検討について伺いました。
 まず、冒頭で4月の西口北バスターミナル開設以来、市立病院に通院する幸区の患者数に変化があったか質問したところ、3月に比べ4月は1300人、約15%減少したという回答でした。川崎市の高齢者のバス利用目的の第1位は「病院へ行くこと」です。こうしたところにも、東口乗り入れバス廃止の影響が出ています。
 答弁では、臨海部への直行便(市営埠頭行き)1便が増回する方向で検討されることになりました。要望の多い市立川崎病院.JR川崎駅東口のバスを東口経由西口行きにした場合、採算をとるには現行の東口・川崎病院バス(ワンコインバス)が1台あたり19人の乗客であるのに対し、23~27人の乗客が必要とのことで、採算面から新路線開設にはかなり高いハードルがあることも明らかになりましたが、公営交通の役割は民間ができないところを補うところにあると考えます。実際、市川が視察してきた名古屋市などは、「高齢者移動支援」の立場から100円の収益を上げるのに最大663円の経費を使って地域循環バスを運行しています。公営企業の原則である、経済性と公共の福祉の両立は非常に難しい課題でありますが、少なくとも川崎駅東口整備工事期間、不便をきたす高齢者のために、暫定的にでも東口へ乗り入れできないかと提案しました。
 川崎市交通局が運行主体となっている路線は26路線。そのうち採算がとれている路線は4路線しかないことも、今回の質問でわかりました。市交通局も、現在ニューステージプランで経営体質の健全化にむけ鋭意努力中です。公共交通としてのバス事業のあり方については今後も継続して取り組んでまいります。


2008年1月 6日

新年!活動開始しました!

2008年 平成20年がスタートしました!
いきなりの原油100ドル、株価急落という波乱含みで始まった「子年」
「子年」は干支のはじまりでもあります。
リスタートの今年が、みなさまにとって、(また市川にとっても)よい1年になりますように!

ということで、1月6日
幸区消防出初式に出席し、市川の平成20年の本格活動が始まりました。
幸区役所には消防署および各消防団の皆さんが集合。
ヘリコプターも参加した行進は圧巻です。
幸区消防出初式.jpg


かわいい幼稚園児(市川の卒業した、ひかり幼稚園の園児です)による鼓笛隊など、大変楽しませていただきました。
ひかり幼稚園鼓笛隊.jpg


その後は、幸区に4つある消防団のうち、第1分団から第3分団までの3つの出初式に出席。
なぜか日吉地区(南北加瀬・小倉など)の第4分団だけはご案内がなかったので、他の3つの出初式に出席したのですが、まさに分刻みで移動となりました。4つご出席された議員の方は、もっと大変だったと思います。
いずれも制服姿の消防団員の方々が、りりしくもきびきびと動く様子に感激。
こうした地域の皆さんのご努力で、防災体制が成り立っているのだと実感しました。


さて、市川の年末から今日までの活動はというと・・

昨年の12月31日には、幸区各所で一年を締めくくる街頭活動を行い、夜10時半からスタッフとともにやはり一年のお礼参りということで幸区14箇所の神社をすべて回り、地元古市場天満点神社に戻ったのは12時半。ここで、地元のみなさんと初詣。
お札をいただき、火にあたりながら甘酒をごちそうになった後、神社の前に立って、参拝帰りの皆さんに向かって「おめでとうございます!」の新年のご挨拶。
2時ごろ事務所にもどり、仮眠をすることもなく5時から実践倫理の会の元朝式に出席。
その後、7時から別の会に。
もどって着替えた後、10時から古市場のグランドゴルフ同好会の皆さんと今年初めてのプレーおよび新年会。(楽しかった!!!でも成績はブービーメーカーすなわち最下位でした  泣)
市川、31日から元旦まで、ほぼ不眠不休でがんばりました!!43歳、まだまだイケます!

その後のお正月はテレビで、ドラマ「のだめカンタービレ」を見て過ごしました。
娘が見ていたので、時々見たことがあったのですが、一度見たらこれがやめられない面白さ
結局家族で、「のだめ」づくしのお正月となりましたが、クラシックの名曲に触れながら、のんびりリフレッシュできました。
しかも、ドラマにはコンサート会場として我が幸区の誇る「ミューザ川崎」が登場!!!!
また主人公たちの通う音大は、高津区の洗足学園で撮影されています。わが町川崎、こんなところでも頑張っています。
新年早々、大感激。音楽のまち川崎の面目躍如といったところでしょうか。


3日には駅伝のランナーが駆け抜けるのを待って、箱根神社に参拝。
ここは、地元の氏神様とは別に、何かしらある時には必ず市川が参拝する、大切な神社なのです。
ここにくるとパワーがみなぎる、文字通り「パワースポット」です。
(「気」に詳しい方に伺うと、箱根一帯は日本でも指折りの大変「気」の良い場所だそうです)

毎年恒例の箱根参りも無事終了し、心も体もパワー全開!
一年間、市川頑張ってまいります!
どうかよろしくお願い申し上げます!!

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー