« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月17日

川崎市住民投票条例、修正案付加で可決へ

6月16日
総務委員会にて2日にわたる異例の長時間審議を経て、川崎市住民投票条例の採決が行われました。
市川も総務委員ではありませんが、仲間の議員と共に連日委員会室に傍聴に。
わが党では、一緒に視察した飯田議員が、委員として的を得た鋭い質問を行政側にぶつけてくれました。
その中には、視察した広島や高浜の事例がもりこまれ、今回の視察を発案した市川も、飯田議員の質問に何度もうなづくことしきり。
飯田議員は、2日にわたって延べ4時間近く質問。
その中で、改めて様々な問題点が浮き彫りになってきました。
そのほか各会派からも多くの質問がよせられ、特に同日選の問題点、重要事項についての市長の審査などに議論が集中しました。

そして、16日午後9時過ぎ、多くの傍聴者が見守る中、採決が行われました。
結果は、民主、自民、公明の3会派共同提案による修正案を附則に付加しての可決です。
共産は同案に反対でした。

修正案は、条例附則2項として、「市は、この条例の施行後適当な時期において、この条例に関連する法制度の動向、この条例による住民投票の実施状況、社会情勢の変化等を勘案し、必要な措置を講ずるものとする。」とするもの。
すなわち、今後「見直し」をするというものです。

市川が指摘してきたように、今回の条例案は特に同日選の部分で問題があります。
今後、国民投票法や公職選挙法の見直しなどが予想されていますが、そうした国の動向なども見据えながら、2日では議論できなかった部分をもっと議論し、見直していくことになります。

今回の条例案については、決してベストではないと市川も考えます。
しかし、わが会派は住民投票制度の創設を訴え続けてきました。
その中で、ベストではないが、今の時点で修正条項を付帯決議ではなく条例文に盛り込んだことは、ぎりぎりの政治決着であったと一定の理解をするところです。
しかし長時間の審議。委員の同僚議員とともにつきあってきた我々も、なんとも言えぬ疲労感が。
それは、ベストの結果を今回では出すことができなかったことが原因なのでしょうか。
この条例については、今後よりいっそうの議論をへて、必ずベストな形へ「見直し」ていく。
これこそが、われわれの役目であると改めて思った市川でした。

2008年6月15日

代表質問終わる~住民投票条例は総務委員会で審議へ

6月11日
わが党の代表質問がありました。
今回の質問者は伊藤久史議員。
市川は、ライフワークでもある私立幼稚園を含む幼児教育について、新川崎地区の先端産業誘致について、そして緊急保育5ヵ年計画についての質問項目を担当しました。
ブログで触れてきた住民投票に関しては、今回岩隈議員の担当でしたが、私たち広島・高浜視察組も質問骨子の作成で協力しました。

住民投票条例は、このあと総務委員会で審議が始まります。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー