« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月29日

幸区役所建て替えに向けて

昭和50年度に建築された現・幸区役所は、今年で築34年を経過しています。
平成18年度に行われた耐震診断の結果、耐震強度がAランク(震度6強で倒壊の危険性が高い・最も危険なランク)という判定を受けました。(取り急ぎ平成19年度、緊急補強工事を行い、とりあえず現在の耐震強度はBランクになっております)
これを受け、平成20年度から庁内に「幸区役所庁舎整備検討委員会」を設置し、耐震対策実施計画に基づいた検討を行い、幸区役所庁舎について再整備を実施する方向を確認しました。

5月28日、総務委員会で幸区役所についての今後の再整備についての説明がありました。
平成21年度には、地域団体や市民団体関係者、公募委員や学識経験者約30名程度に参加をいただく
(仮称)幸区役所庁舎整備地域協議会を設置し、意見を伺いながら今後の方向を策定していくことになるそうです。
市では今のところ、平成26年度完成を目標に考えているようですが、計画が延びたとしても耐震対策の最終年度が27年となっていることから、少なくとも27年には再整備を終えなければなりません。

また、併設されております幸市民館や幸スポーツセンターは耐震基準を満たすということで補修のみで建て替えの予定はありません。


今の場所で建て替えるのか、別な敷地で新たに建てるのか。他との複合施設にするのか。
特に交通アクセス(駅から遠く、バス便も少ない)の悪さを指摘されることの多い幸区役所です。古市場在住の市川も、バスで行くには一度川崎駅まで行って乗換が必要です。
また、最近では大阪の橋本府知事が府庁舎を民間のビルに間借りしたらという意見を表明され、議会の反対で撤回したニュースがありましたが、経費削減から考えれば建て替えではなく間借りということも一つの選択でしょう。
こういったことを視野に入れつつ、これから論議がなされると思います。

いずれにしても、区役所は私たち区民にとっても一番重要な施設であります。
自分たちの財産を、どう考えるのか。
区役所に関してのご意見、ぜひお聞かせください。
幸区役所.JPG

2009年5月22日

幸区における特別養護老人ホームの整備について

健康福祉局長よりと特別養護老人ホームの件で報告がありました。

特別養護老人ホームの整備について、昨年11月に策定いたしました「特別養護老人ホーム整備促進プラン」に基づき、現在整備を進めているところですが、この度、幸区内の公有地につきまして、特別養護老人ホーム整備の候補地として決まりましたのでご報告いたします。
尚、今後は、地元町内会等にご説明のうえ整備を進めてまいります。

①幸区小向仲野町25番地
・事業計画地 幸区小向仲野町25番地

・敷地面積   698.54㎡

・用途地域   第二種住居地域 建ぺい率:60% 容積率:300%
          第一種住居地域 建ぺい率:60% 容積率:200%

・計画内容
○サービス内容(予定)
 小規模特別養護老人ホーム(29床)
 ショートステイ(10床程度)
 地域交流スペース
○建物規模
 鉄筋コンクリート造 4~5階建て
 延床面積:2,000㎡程度

・事業年度 平成22年度~23年度


②幸区東小倉50番地20
・事業計画地 幸区東小倉50番地20

・敷地面積 1,476.75㎡

・用途地域 準興業地域 建ぺい率:60% 容積率:200%

・計画内容
○サービス内容
 特別養護老人ホーム96床程度(全て多床室とした場合)
 ショートステイ

○建物規模 鉄筋コンクリート造 地上5階建て(延床面積:3,000㎡程度)

・事業年度 平成22年度~23年度

2009年5月19日

環境委員会視察~長崎市・大村市

5月12~13日の日程で、環境委員会の一員として長崎市・大村市を視察してまいりました。
視察項目は、長崎市が交通不便地区の「乗り合いタクシー」と総合運動公園。大村市が、下水道事業の経営健全化計画についてです。

環境委員会では、環境局ばかりでなく交通局と水道局を所管しておりますので、上記3点の視察となりました。

坂道の多い・・・というか市内ほとんどが斜面地なのでは?と言っていいくらいの坂道ばかりの長崎市。
初めての訪問でしたが、いやビックリです。おまけに道が狭い!市川の運転技術では間違いなくバックの連続で車はボコボコになりそうです。
市内中心部には路面電車も走っていますが、斜面地が多いため、幸区ではおなじみの「自転車」がほとんど町中に見られないのも驚きです。
それ以外の市民の足は「バス」。
しかし、そのバスが走っていない地域の移動手段をどう確保するか。長崎市では、バスの走らない公共交通空白地域をまず25箇所選び、その中から住民数などを考慮しつつ更に11箇所、5箇所と抽出し、平成14年から順次「乗り合いタクシー」を走らせています。(採算の面ばかりでなく、確かにバスはこのような狭い道の通行は無理ですよね)
路線は4キロから7キロ、運行時間は往復20分程度。運行本数はだいたい平日で往復25便。
車両は9人乗りのジャンボタクシーで、料金は大人200円、小人100円。(ちなみに長崎市では老人交通費助成事業として交通機関利用券を5000円分交付していますが、それも利用可能とのことです)
運行は民間事業者が行っていますが、現在運行している5路線のうち採算がとれているのは1路線のみ。赤字分は市からの補助となっていますが、19年度実績で補助率は6%から35%とのことです。
taxiimg0.jpg


高齢化時代における移動の権利のセーフティネットとして、公共交通がどこまで担うのか。
長崎市も例外でなく高齢化が進んでいます。現在採算がなんとか採れている路線もこれからは利用者の減少が予測されています。コスト削減にも限界があることから、今後はデマンド交通システム(個別のニーズに合わせて対応するシステム)の導入を考えているとのことでした。

その後はバスで移動して、長崎市総合運動公園の視察です。
テニスコート、多目的広場、陸上競技場、補助競技場、野球場、投てき練習場(砲丸投げやヤリ投げ)、などを備えたこの広大な運動広場は平成8年からテニスコートの供用開始をスタートに、以後順次整備を重ね、平成16年の運動広場の供用で現在の公園が完成しました。
平成15年には、高校総体のメイン会場として開会式が行われ、テニスと陸上のメイン会場としても利用されました。
川崎市民としては、本当にうらやましい限りの施設です。
nagasaki sportspark1.jpgnagasaki access_map.gif

特にところどころの広々とした芝生の広場。休日には家族連れでにぎわうそうですが、こんな芝生を子供に思いっきり走らせてみたい。親ならだれもが思うような、とにかく素晴らしい環境です。
nagasaki park2.jpg


大きなメインスタンドを備えた陸上競技場の横には、「これで補助?」と思わず言ってしまうような、これだけでも立派な補助競技場があります。
甲子園球児であった我が会派の飯田議員が一番うらやましがっていたのが、これまた立派な野球場です。本市でも今後とどろき運動公園の施設整備にかかることになるでしょう。敷地確保が難しい都会ではここまで広大な総合公園の実現は難しいと思いますが、少しでもこうした施設に近づけるよう、知恵を絞って整備にあたりたいと思います。
今後の予定としては、平成26年に長崎国体が開催され、この公園がラグビーとテニスの会場として予定されているため、老朽化等による施設の再整備を補助を受けて行うこととしているそうですが、いったいどのくらいのお金がかかるのでしょうね。


翌日は大村市にて、水道事業健全化計画についてレクチャーをいただき駆け足の視察を終えました。

2009年5月18日

新型インフルエンザ対応について

神戸市および大阪府で国内における新型インフルエンザの感染が確認されました。
本市においても、本庁健康安全室、各区役所保健福祉センターに発熱相談センターを設置し、本庁では24時間対応で相談を受け付けております。
詳細は以下のホームページにアクセスしてください。

新型インフルエンザについて、発熱などの心配な症状があればまず電話にて相談を。
冷静な対応をお願いいたします。

http://www.city.kawasaki.jp/35/35sippei/home/kansen/butainfl.htm

2009年5月10日

第37回 幸消防団ポンプ操法大会

5月10日 日吉中学校で行われた第37回幸消防団ポンプ操法大会に出席しました。
幸区内の防災に日頃尽力されている幸消防団。第1~第4の4つの分団から、それぞれ4人の選手が選抜されポンプを使った放水競技を行います。きびきびとした動きをみていると、日々の訓練の厳しさが伺えます。今日はまた、大変な晴天。その空に放水がきれいな虹を作っていたのが印象的でした。
また、団員を代表して選手宣誓をした、我が地区の第3分団の指揮者でもある大村さんは、古市場の祭友会の仲間です。立派な宣誓にこちらまで誇らしい感じです。
09年5月ポンプ操法大会1.jpg

09年5月ポンプ操法大会2.jpg

09年5月ポンプ操法大会3.jpg

大会の結果は第4分団の優勝でしたが、改めて消防団員の皆さんの活動に敬意を表し感謝した一日でした。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー