« 2014年11月 | メイン | 2015年5月 »

2015年2月24日

平成21年の提案が実現!新川崎駅から東急日吉駅にバス路線新設!

2月20日川崎市より記者発表があり、3月30日から供用開始予定の新川崎交通広場に新たなバス路線(新川崎~東急日吉方面)の乗り入れが明らかになりました。
新たなバス路線は、4月1日の運行開始に向けて国交省に認可申請中で、3月下旬には詳細なルートも発表される見込みです。

この東急日吉駅方面のバス路線の新設については、平成21年6月に川崎市議会一般質問で先んじて提案し、県議に転出してからも折につけ市役所当局に要望してきた経緯もあり、私としても5年越しの実現に感無量です。

北加瀬地域はじめ、新川崎駅周辺および日吉地区にとっては、大きな利便性の向上につながると思います。


取り急ぎ報告です。


ご参考までに当時の議事録を掲載します。

平成21年6月30日第2回川崎市議会定例会議事録より

◆5番(市川佳子) おはようございます。私は、通告に従いまして順次質問を行ってまいります。
 まず最初に、新川崎地区に関連いたしまして、特に新川崎駅周辺の整備について伺います。まず、交通広場等の実施設計の内容について詳細をまちづくり局長へ伺います。
まちづくり局長(飛彈良一) 新川崎地区の交通広場についての御質問でございますが、新川崎地区の交通広場の整備につきましては、今年度の着手を目指し、現在、実施設計を進めているところでございます。まず、バス乗り場といたしましては、各バス事業者の交通広場への乗り入れの意向を踏まえまして、現在のところ2バースの整備を予定しております。次に、タクシー乗り場といたしましては、新川崎駅前における鹿島田跨線橋上での待機状況を解消すべく、現時点で交通広場内での待機スペースを21台分確保する計画としております。次に、新川崎駅への車両の送迎対応といたしましては、身障者用車両及び一般車両のそれぞれについて、交通広場内への乗降場所の整備を予定しております。以上でございます。
◆5番(市川佳子) 幸区は、全市でも最も自転車の利用者が多い区であります。現在の鹿島田跨線橋は自転車専用レーンというのがなくて、通行車両、歩行者とも大変な混雑となる朝のラッシュ時などを見ると、安全面で大変問題があると指摘せざるを得ません。歩道橋設置に伴い、自転車の動線について何か配慮するのか伺います。
まちづくり局長(飛彈良一) 跨線歩道橋設置に伴う自転車の動線についての御質問でございますが、今回計画しております鹿島田跨線歩道橋につきましては歩行者専用通路としておりますので、自転車につきましてはこれまでどおり鹿島田跨線橋を利用することとなりますが、このたびの跨線歩道橋の整備により、現在の歩行動線の分散が図られ、これまでのラッシュ時の混雑が大幅に軽減して、安全性はより向上するものと考えております。以上でございます。
◆5番(市川佳子) このバス乗り場について先ほどの御答弁で2つ乗り場を設置するということなんですが、新設される交通広場は駅から少し距離がございます。現在、新川崎前を市営バスと臨港バス2路線が運行しておりますけれども、広場新設によってルート変更などがあるのか、また、新たなバス路線の新設は考えられないのか、これは交通局長に伺います。
交通局長(小林隆) 新川崎駅交通広場についての御質問でございますが、現在、市バスでは、新川崎駅を経由する路線といたしまして、川崎駅西口と江川町間を結ぶ川83系統小倉循環線を運行しております。新設されます新川崎駅交通広場は、新川崎駅から多少離れた位置にあるという課題もございますが、お客様の利便性向上につながるよう、どのような形で新たな交通広場が活用できるのか、当該路線も含めて検討してまいりたいと存じます。以上でございます。
◆5番(市川佳子) これからバス路線のことは検討されるということなんですが、新川崎地区の公共施設となります交通広場の整備では、事業者である川崎市として、バス路線の新設など市民の要望を把握し、事業に反映させることが必要と考えますが、見解をまちづくり局長に伺います。
 また、幸区日吉地区では特に要望が多いという東急日吉駅へのバス便について、現在、東急バスでは日吉駅――越路間ルートのバス路線があるんですけれども、この延伸も含め検討ができないのか、東急バスなど民間バス事業者に積極的に働きかけるべきと考えますが、見解を伺います。
まちづくり局長(飛彈良一) 新川崎地区の交通広場整備における市民要望把握についての御質問でございますが、今回の交通広場整備に当たりましては、バス路線の新設に関する市民要望などの調査は行っておりませんが、都市計画決定手続の中で説明会を開催し、また、工事着手前にも事業内容に関する説明会を行うなど、広場整備に関して広く御意見、御要望を伺う機会を設けてまいりました。その中で寄せられた御意見、御要望につきましては、可能な限り事業に反映するとともに、必要に応じ、関係機関や関係先と協議しているところでございます。御質問の東急日吉駅へのバス便につきましては、バス事業者との協議の場において御要望の趣旨を伝えてまいりたいと考えております。以上でございます。
◆5番(市川佳子) 新川崎駅は新しい都市拠点になるところでございますので、これを機に、本当は私はもう少し周辺住民の方々の御要望を伺う機会を設けたほうがいいと思いますけれども、先ほどのバス便のことも含めてぜひよろしくお願いしたいと思います。

記者発表資料
 
http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000065/65341/houdou.pdf

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー