【新型コロナ】県が新たな緊急医療体制を「神奈川モデル」発表

・神奈川県は25日、新たな緊急医療体制「神奈川モデル」を発表。
・増加が懸念される中等症の患者を集約する県独自の「重点医療機関」を指定。軽症・無症状の患者は自宅や宿泊施設で経過観察。
・酸素投与などが必要な中等症が100人を超える「移行期」に入った段階で集中的に受け入れる。病棟単位で240~2500床を確保する計画で、仮設病棟の整備も視野。
・人工呼吸器などが必要な「重症者」は高度医療機関が担当。患者の検査などはこれまで同様に帰国者・接触者外来が実施し、症状に応じて医療機関を振り分ける予定。重点医療機関は指定、時期とも調整中。

参照:神奈川新聞『 「神奈川モデル」発表 中等症患者を重視 』 

現状の受診・入院フロー
(神奈川県HPより引用)

移行期・蔓延器の緊急医療体制「神奈川モデル」
(神奈川県HPより引用)

〒212-0052 
川崎市幸区古市場2-112-19 YSビル1F
TEL:044-540-6789 
FAX:044-540-6787
E:mail:happy@happy@ichikawa-yoshiko.jp
© 2019 市川よし子